プロレスの萌えポイントを語る会

powered by 高3のプロレスオタク

北村克哉の萌えポイントを語る会 SEASON①

1.入団会見で裸になる 

2016年1月3日にディファ有明で行われた北村克哉&岡倫之の入団会見において、スーツ姿の岡とは違い、北村はTシャツに迷彩のチノパンというラフな格好で登場した。

しかもリング上でTシャツを脱ぎ捨て、自慢の肉体を披露した。

まだ入門すらしていないのにリング上で上裸になるとは。最高すぎる。

f:id:kusarigama:20170909141901j:plain

 

2.デビュー前になぜかビリー・ガンに目をつけられる

2017年1月5日新日本プロレス後楽園ホール大会にて、セコンド業務をしていた北村克哉練習生はなぜかビリー・ガンにメンチを切られた。

デビュー前に元WWEのスーパースターと対立する北村はやはり持ってるとしか言えない。

f:id:kusarigama:20170909141922j:plain

 

3.デビュー前にリング上でちゃっかりポーズを決める

2017年1月22日後楽園ホール大会。第2試合終了後、試合中に対戦相手にマスクを奪われたタイガーマスクの素顔を隠すために、自身が着ていたTシャツを脱いで、タイガーマスクの素顔を覆った北村練習生。

そこまでは理解できるのだが、その後なぜか先輩たちとポーズを決めた。その流れは今見返しても意味不明。

デビュー前の練習生がリング上でマッスルアピールをするとは。最高すぎる。

f:id:kusarigama:20170909142016j:plain

f:id:kusarigama:20170909142037j:plain

 

4.「ヤングライオン」という概念を破壊する 

デビューしたてのヤングライオンといえば坊主頭だが、坊主頭をすぐにやめて剃り込みを入れたり、入場の際にオリジナルポーズ(オリバーポーズ)をキメたり、牙柄のマウスピースを着用したり、苛立ったら「FU●K!」と叫んだり、とにかく北村にはヤングライオン特有の初々しさがない。すでに仕上がっている肉体美や色黒さもそう。北村は新日本プロレスにある「ヤングライオンは先輩より派手なことをするな」という概念を壊している。

※31歳(2017年9月現在)なので初々しさがないのは当然なのかもしれない

 

5.ストイック

その鍛え抜かれた筋肉からもわかるように、北村はとてもストイック。試合では常に己が持っている全ての力を出す。タッグマッチであろうが、リングに上がれば1ミリたりとも手を抜くことを許さない。だからバックステージではいつも苦しそう。

自分に厳しい。

f:id:kusarigama:20170909142106j:plain

f:id:kusarigama:20170909142120j:plain

f:id:kusarigama:20170909142135j:plain

 

6.ファンサービス精神が旺盛 

北村はファンに優しい。新日本プロレスの会場でセコンド業務をこなしている時もファンにカメラを向けられたら表情を作ったり、Instagramではファン一人ひとりのコメントに丁寧に返信したりするほど。

他人に優しく、自分に厳しく。

 

7.“ライバル”岡倫之という存在

北村の魅力を語る上で欠かせないのが“ライバル”岡の存在。北村と岡は競技レスリング出身や体の大きさといった共通点を持ちながら、非常に対照的である。

2017年9月現在、31歳の北村と26歳の岡、黒い北村と白い岡、たまに弱音を吐く北村といつも芯がブレない岡、坊主頭をすぐにやめて剃り込みを入れちゃう北村と頑なに坊主頭を貫く岡。

そんな対照的な二人がタッグチーム“モンスターレイジ”を結成し、新日本プロレスのタッグ戦線を盛り上げようとしているのだ。これは見逃せない。

 

8.入場

北村と言えば、観客の心を掴む入場。見た目のインパクトがあるだけに、入場ゲートから出てきただけで観客を沸かすことができるが、北村はそれだけで満足しない。

自身の顔を何度も叩き、闘魂を注入し、リングへ上がると高くジャンプ。そしてコールとともにオリバーポーズ。

かつてこれほど入場で魅せるヤングライオンがいただろうか。

f:id:kusarigama:20170909142213j:plain

 

9.表情 

北村は顔でプロレスができる。先輩の技を喰らっているとき、相手を攻めているとき、先に入場して対戦相手をリング上で待ち構えるとき、先輩レスラーにボコボコにされた試合後、どんなときでも自分が今どのような状況にあるかを見ている側に伝えることができるほどの表情のバリエーションを持つ。最高としか言えない。 

f:id:kusarigama:20170909142247j:plain

 

10.マウスピース

プロレスラーのマウスピースは白色や黒色などの単色や透明が多いのだが、北村はデビューから4ヶ月で新日本プロレス内のどの先輩レスラーたちよりも派手な牙柄のマウスピースを着用し始めた。北村の魅せることへのこだわりは新日本プロレスイチと言ってもいい。

f:id:kusarigama:20170909140328j:plain

ちなみに外すと「カポッ」という音がする。

※「カポッ」映像 (3分33秒あたり)

youtu.be

  

人気ブログランキング