プロレスの萌えポイントを語る会

powered by a 19-year-old pro wrestling fan

WK12&アフター後楽園の妄想

明日は1月4日、新日本プロレス東京ドーム大会!

プロレスファンを始めた頃は会場へ行きたいと思っていたけど、不思議なもので歳を重ねていくうちにそういった気持ちが全く湧かなくなった。

しかし、今年のイッテンヨンは違う。フツーに生で見たい対戦カードが揃っている。

今年の年始は富山のおうちでお留守番しなくてはいけないので、生観戦はできないけど、間違いなく楽しみなのでここで好き勝手予想する。

(異論受け付けない)

 

 

まずは第0試合 1分時間差バトルロイヤル 〜ニュージャパンランボー

 

もうこれは北村克哉が登場からの優勝で決まり!

もっと細かい点まで予想すると、北村克哉とチーズバーガー(ROH)が一対一で戦うシチュエーションができ、実況席にいる吉野真治が「これ、金沢さぁん、ROHのチーズバーガーは体重60kgなのに対して、ヤングライオン北村克哉は120kgですよ!チーズバーガー2個分ですよ、2個分!」と叫ぶだろう。

 

第1試合 IWGPJr.タッグ選手権

【王者】ROPPONGI 3K (SHO&YOH) vs 【挑戦者】 ヤングバックス (マット・ジャクソン&ニック・ジャクソン)

f:id:kusarigama:20180103121238j:plain

 

これはヤングバックスの勝利と予想。

僕にはヤングバックスがベルトを獲って、2月の新日本プロレスROHの合同興行『HONOR RISING 2018』で誰かしらを相手にタイトルマッチをやってくれるところまで見えた!

今年は(裏)レッスルマニアのシーズンと新日本の春の両国大会が被るだろうから、ヤングバックスは春の両国でタイトルマッチを行うことはできないだろうけど、そんなこと関係ない!

SHO&YOHは僕の中ではまだ田中と小松なんですよ。YOHは特に。マイクがまだ小松。だから、SHO&YOHがヤンバより凄いところを見せてくれることに期待。

 

 

第2試合 NEVER無差別級6人タッグ選手権

(誰が戦うかは画像見て)

f:id:kusarigama:20180103122523j:plain

f:id:kusarigama:20180103122531j:plain

f:id:kusarigama:20180103122536j:plain

 

これはエルガン&ウォーマシンがベルト奪取と予想。

「え、エルガンとウォーマシンっていま仲悪いんでしょ」や「ウォーマシンWWE行くんでしょ」というファンの意見なんて糞食らえ。エルガン&ウォーマシンがサプライズ勝利でベルトを獲ります。

そして翌日の後楽園のメインイベントでエルガン&ウォーマシンvsタグチジャパンのタイトルマッチが組まれて、エルガン&ウォーマシンが早速ベルトを落とします。

そして試合後にウォーマシンが意味深な時間長めのお辞儀をします。はい。

 

 

第3試合 スペシャシングルマッチ

Cody with嫁 vs 飯伏幸太

f:id:kusarigama:20180103123549j:plain

 

元々はROH世界ヘビー級選手権試合として組まれていたカード。しかし、Codyがベルトを手放したためにノンタイトルに。

これは飯伏の勝利と予想。飯伏が勝利して、翌日の後楽園で、IWGPヘビー級選手権試合の勝者に挑戦表明します。そしてチャンピオンがオカダの場合は「ニュージャパンカップ優勝してから来〜い」、内藤の場合は「何、IWGPヘビー級のベルトは挑戦表明したらすぐに挑戦できるベルトなの?俺はG1優勝してから挑戦したんだよ。その前に挑戦した時だって、ニュージャパンカップ優勝したから挑戦できたんだよ。Codyに勝ったから挑戦させろ?おいおい、飯伏笑わっせんなよ」と、いずれにせよ断られます。

さあ、飯伏!今こそCodyがベルトを落とした意味を見せてくれ!

北村の優勝とY2Jの次に楽しみ!

 

 

第4試合 IWGPヘビー級タッグ選手権

【王者】KES vs 【挑戦者】EVIL&SANADA

f:id:kusarigama:20180103124558j:plain

 

これはEVIL&SANADAが獲って、ロスインゴ人気を加速させると予想。

だけど、ロスインゴは好きじゃないので、KESが「完全勝利!(2012夏の自主興行DDT軍に勝ったときの矢野啓太風)」してくれることに期待。

 

 

第5試合 NEVER無差別級選手権 〜敗者髪切り&ノーセコンドマッチ〜

【王者】鈴木みのる vs 【挑戦者】後藤洋央紀

f:id:kusarigama:20180103125335j:plain

 

敗者が坊主になるというのは、新日本プロレスでは2010年6月の棚橋弘至vs矢野通以来。

…ではない!2011年1月のタイガーマスクvs石井智宏のマスカラ・コントラ・カベジェラ以来!

(ちなみにその翌月にタイガーとブラックタイガー化した石井によるマスカラ・コントラ・マスカラというタイガーがリスキー過ぎるカードが組まれたんだよ)

 

この試合は鈴木大将の勝利と予想。

だって、大将が坊主になっても面白くないじゃん。渦巻きと後ろのトサカがなくなるだけじゃん。髪切りマッチって長髪が負けたほうが面白いじゃん。

 

かつて後藤は新日本のファンクラブ会報誌でこんな発言をしてるし、覚悟はガチ。 

f:id:kusarigama:20180103143501j:plain

 

落ちるところまで落ちて、またこんなのになって、Twitterで「もう坊主にこのペイントとか白使やんwwwww」とか草生やされて、

f:id:kusarigama:20180103143517j:plain

ニュージャパンカップ優勝してくれ、後藤!

 

 

 

第6試合 IWGPJr.ヘビー級タッグ選手権 4wayマッチ

【王者】マーティー・スカル

vs 【挑戦者】ウィル・オスプレイ vs KUSHIDA vs 高橋ヒロム

f:id:kusarigama:20180103131646j:plain

 

今年のイッテンヨンの対戦カードの中で最も勝敗が予想しにくい試合。

高橋ヒロムが勝って、ロスインゴ人気を加速させると予想。

だけど、ロスインゴは好きじゃないので、他の3人の勝利に期待。

 

 

 

第7試合 IWGPインターコンチネンタル選手権

【王者】棚橋弘至 vs 【挑戦者】ジェイ・ホワイト

f:id:kusarigama:20180103132135j:plain

 

これはジェイが勝つ。2、3年前にG1両国大会のゲスト解説を務めていた邪道が「ジェイ・ホワイトは5年後の新日本プロレスのメインイベンターですよ」と言っていたけど、まさにそれ。この試合が「ジェイ・ホワイト、メインイベンターへの道」の第一弾。

帰国一発目で東京ドーム大会の後ろから3番目の試合で、しかも棚橋弘至とのタイトルマッチで、ってもうシチュエーションは完璧。

それに棚橋が防衛したら、ジェイがいい試合をしたとしても、一部のファンは「ジェイ・ホワイト、全然ダメじゃん。アイツが挑戦するくらいなら、○○(推しの名前)に挑戦してほしかったわ」とか言うだろう。ただジェイがベルトを獲れば、そういう意見は出てこなくなるはず。

まあ試合内容がヒドかったら別だけど…

ジェイ、ベルトを獲って、アンタのことを批判する新日本ファンを黙らせろ!

 

 

第8試合 IWGP USヘビー級選手権試合 ノーDQマッチ

【王者】ケニー・オメガ vs 【挑戦者】クリス・ジェリコ

f:id:kusarigama:20180103133759j:plain

 

今年のイッテンヨンでは圧倒的に豪華なこのカード。これはケニーの防衛と予想。

Y2Jの目的はベルト奪取や新日本継続参戦というより、ケニーと戦うことで世界のファンを熱狂させることだろうから、ここは堅くケニーの勝利と予想。

それにケニーが防衛しても、ジェリコのオーラが上回るだろうから、みんな知ったかぶりして、「ジェリコ、"やっぱり"凄え」とY2Jのことを褒め称えるのだろう。

そんなこと言ってる僕もWWEにハマったのは1年間しかなかったし、ジェリコの全盛期は知らないけどね!

 

 

第9試合 IWGPヘビー級選手権

【王者】オカダ・カズチカ vs 【挑戦者】内藤哲也

f:id:kusarigama:20180103135351j:plain

 

今年の東京ドーム大会メインイベント。内藤は人気は凄いんだけど、今のままだと、10年、20年後に今の新日本プロレスを振り返った時には「結局オカダだったよな」ってなってしまうと思うんだよなあ。

こんなことを言うと、ロスインゴファンは「は?内藤はG1優勝したし、IWGP獲ったことあるし」とか言ってくるだろうけど、そうじゃないんだよなあ。まだ人気先行型レスラー状態。可愛いが売りの女子プロレスラー状態。

ファンの声援をチャレンジャー側に回して、憎たらしいほど強いチャンピオンとして立っているオカダのほうがよっぽど凄い。本当に『王者』って感じ。

さあ、内藤!ここでベルトを獲って、今年は人気を超える結果を見せてくれ!

ということで内藤勝利と予想。

 

それにここで内藤がベルトを奪取できなければ、オカダがV11越えそうだしね。

そこはもうちょっとあっためといてほしい。2020年くらいまでは。

まあそんなファンの予想を覆してくるのが、今の新日本だったりするけど。

 

 

 

と、ここまで色々と書いたが、そもそもシフトが入ってるから、生観戦どころか新日本プロレスワールドでリアルタイム視聴すらできないし、もうイッテンヨンなんてどうでもいいとして、本題はイッテンヨン翌日のイッテンゴ後楽園ホール大会!

 

昨年は鈴木軍の登場やドラゴン・リーのヒロムへのサプライズ挑戦表明があったけど、今年は何があるか。

はい、そうです。Twitter界隈で新日本に登場すると噂されている鈴木秀樹です。

 

まず現在、鈴木秀樹がホームに固定しているツイートをご覧あれ。

f:id:kusarigama:20180103143626j:plain

1/2以降も各団体への参戦予定があるのに、ここで終わらせてるあたり。これは意味深。

 

でも、安心を。既に大日本プロレスではいくつか対戦カードが組まれています。

f:id:kusarigama:20180103143653j:plain

 

…ではない!真田聖也(現・SANADA)も大日本でいくつか試合が組まれていたのに、全部キャンセルして、突如新日本にやってきたのだ。

 

つまりこれは、「各団体で私の試合が組まれておりますが、本当に出場するのはこれらだけですよ」という意味かも!

f:id:kusarigama:20180103143806j:plain

あーん。秀樹、新日本には上がらないでくれ。

今の新日本ってドラゲー化というか、WWE化が進んでいて、ライオンズゲート以外はほぼ鎖国状態だから。

以前、SANADAが「新日本に参戦してるから」という理由でNOSAWA論外からの東京愚連隊興行出場要請を断ったくらいだし。

秀樹が新日本に上がったら、もう新日本一本でやって行くってことでしょ。僕は今年もZERO1大日本プロレスのリングで戦う鈴木秀樹を見たい。

 

いや、待て待て待て。

鈴木秀樹というプロレスラーなら、ひと昔前の田中将斗みたいに新日本のリングに上がりつつも、ZERO1のリングにも上がることはあり得るかも。

それなら話は別! 秀樹、じゃんじゃん新日本で結果残してくれ!オカダを倒して、ZERO1や大日本の凄さを見せてくれ!

 

もしそれができたら、めちゃくちゃロマンがある。IWGPヘビー級王者・鈴木秀樹が花鳥風月でロビンさんとタッグ組んだり、戦ったり、って想像するだけで萌える。

 

まあもしかしたら、今じゃなくて春から新日本参戦だってあり得るし、どうなるかわからないけど、友達の少ない僕は今年の鈴木秀樹を応援します。

 

 

 

f:id:kusarigama:20180103144252j:plain

でも、新日本参戦が決まって、このカードをドタキャンしようもんならアンチ秀樹になります。

 

まあ破茶滅茶ではあるけど、某真田と違って、お世話になった団体に対して、あんな礼を欠く行為はしないだろうからな〜