プロレスの萌えポイントを語る会

powered by 高3のプロレスオタク

WRESTLE-1と芦野ナショナリズム

WRESTLE-1武藤敬司を筆頭に全日本プロレスを退団した選手たちによって2013年9月8日に旗揚げされたプロレス団体。旗揚げ当初は興行の全対戦カードを当日発表にしたり、控え室での選手間のいざこざを会場内に映像として流したりとWWEインパクレスリングに代表されるようなアメリカンプロレスの要素を多く取り入れたエンターテイメント性にあふれるプロレス興行をファンに提供していた。
 
しかし、旗揚げ当初は絶好調だったWRESTLE-1だが、見慣れない興行スタイルに対して、観客の数は減っていった。月に一度のペースで開催している後楽園ホール大会は次第に空席が目立つようになり、2014年は季節に一度のペースで開催していた両国国技館大会も2015年以降は開催されなくなった。
 
WRESTLE-1が抱えた問題は観客の数だけではなかった。観客の数が次第に減っていくとともに、旗揚げメンバーたちも続々と退団していったのだ。2016年7月には主要所属選手5人が同時退団するという事態もあった。
 
現在は映像の多用も、対戦カードの当日発表もしていないわけだが、WRESTLE-1には悪いイメージを持っているプロレスファンも少なからずいることだろう。
 
しかしながら、WRESTLE-1には未来がある。なぜならばWRESTLE-1には芦野祥太郎がいるからだ。
 
 
芦野祥太郎。174cm、85kg。1990年1月4日生まれのWRESTLE‐1所属のプロレスラー。
日本体育大学レスリング部出身で、日体大レスリング部の監督と馳浩の推薦により、2014年8月1日にWRESTLE-1に入門。約半年間の練習生期間を経て、2015年2月13日WRESTLE-1後楽園大会でデビューをした。デビュー戦を勝利で飾ったり、同年10月には先輩・河野真幸近藤修司村瀬広樹らと共闘して「TriggeR」(トリガー)を結成したり、2016年6月にはデビューからわずか1年4ヶ月で団体内最高峰のベルトであるWRESTLE-1チャンピオンシップに挑戦したりとファンが思い浮かべる若手プロレスラーのイメージとはかけ離れた道を歩んできた。
2017年3月20日には当時の王者・河野真幸を破り、キャリアわずか2年と1ヶ月でWRESTLE-1の象徴であるWRESTLE-1チャンピオンシップを初戴冠した。
試合中も崩れないガチガチに固めた髪や若手プロレスラー感のない濃い髭、そして過激な発言。芦野には若手特有の初々しさは一切ない。むしろふてぶてしいほどだ。
 
 
ここまでで芦野が会社やファンから期待されている若手有望株であることをわかっていただけたと思うが、芦野は他団体の若手有望株プロレスラーたちとは決定的に違う部分がある。それはヒール(悪玉)的要素である。
例えば、他の団体でキャリアの浅い若手選手がベルトを手にしたとき、その選手がこれから誰と戦って、どんな防衛ロードを築いていくのかをファンは期待する。
しかし、芦野の場合はベルト奪取時からいきなりシングルマッチWRESTLE-1の3強である河野真幸近藤修司、征矢学の3人を倒したのだ。もうファンの視点は「これから芦野が誰を倒すのか」ではなく、「これから誰が芦野を倒すのか」なのだ。芦野が敗ける姿を見てみたいというファンもいることだろう。もはや芦野はヒールの立ち位置にいるのだ。
 
芦野のすごさはそれだけではない。芦野はタイトルマッチで直接勝利したことをきっかけに、同じ「TriggeR」の先輩であり、デビュー当時から指導を受けていた“親”である近藤、河野とも別れを告げ、「TriggeR」を自主的に脱退し、今はどのユニットにも属していない状況にあるのだ。言い換えれば、WRESTLE-1の先輩プロレスラー全員を敵にしたのだ。そして芦野はWRESTLE-1内でユニットに所属している選手を「集団に頼るから個人の力が上がらない。僕が揺さぶることでバラバラになれば、彼らも個人で上を目指すようになると思うんですよ。そうなればW-1にとっても絶対にいいことだと思うんで。※1」と批評し、WRESTLE-1内の全ユニットの解体を目論んでいる。そう、芦野の見据える先には自身の今後の防衛ロードよりも今後のWRESTLE‐1があるのだ。
 
 
芦野のことを“ヒールのチャンピオン”と認識するファンも決して少なくないはずだ。
だが、勘違いをしてほしくはない。芦野は決してただのヒールではないということを。
 
芦野は「イケメンさん(黒潮イケメン二郎)みたいな人がいるからこそ僕が引き立っているというのは感じます。あの人はすごくプロレスができる。みんな僕みたいだったら、誰もWRESTLE-1を見に来ないですよ。『じゃあ総合に行け』みたいな雰囲気が出てくると思います。いまはみんなでWRESTLE-1を上に上にと思ってますから。チャンピオンとしてそれを引っ張りたいですね。※2」 と語る。
 
このように全体を客観視した上、あくまでWRESTLE-1に良い流れを促すために刺激的な言動をとっているのだ。
 
 
また芦野はこのようなことも語っている。
 
「スタッフの人たちも大変だと思うんですよ。(中略)ラクにさせたいですよね。もっと魅力のある会社にして、スタッフも入りたいなと思わせたい※2」
 
 
 
 
今年の3月20日、僕は芦野が初めてベルトを巻く姿を観に後楽園ホールへ行った。見事、河野からベルトを奪取した芦野は「僕がチャンピオンとして文体(横浜文化体育館大会)を成功させて、WRESTLE-1を両国、(日本)武道館、そして東京ドームへ連れて行きます」と宣言した。
試合後、芦野はグッズ売店へ向かい、会場へ来た観客に挨拶をしていた。控え室へ行き、記者に対してベルト初戴冠の喜びを長々と話すわけでもなく、すぐさま会場の出口付近にあるグッズ売店へ向かったのだ。そして観客が一人残らず帰るまで彼は売店に立ち続けていた。
やはり芦野、行動が違う。
 

f:id:kusarigama:20170620214742j:plain

 

芦野祥太郎こそが理想のチャンピオン像ではないか。
リング内の充実や社員の仕事、観客のこと、彼はWRESTLE-1のすべてのことを考えている。そして背負っている。
 
 
 
日本にはお茶漬けがある。そしてWRESTLE-1には芦野祥太郎がいる。WRESTLE-1主義の芦野祥太郎はユニット解体などの改革を促し、団体内に発展を求めている。これぞ芦野ナショナリズム
キャリアこそ浅い芦野だが、誰よりもWRESTLE-1について考え、それを誰よりも言動に移している。
まあ「キャリアこそ浅い芦野だが」という言い方は、芦野に言わせればナンセンスなのだろうが。
 

f:id:kusarigama:20170620215011j:plain

 

 

「僕は旗揚げ1年後くらいに入門してるんで、最初のエンターテイメント路線を知らない(中略)それ(ファンの中にある『WRESTLE-1=エンタメ路線』というイメージ)を払拭していきたい。本当にみんな絶対、すげぇいいプロレスしてるんですよ。※2
 
クラシカルなレスリング、ふてぶてしい外見、整った顔立ち、誰よりも“言葉”を持っている点など、芦野はどの点を見ても素晴らしい。芦野は5年後、間違いなくプロレス界の中心にいるプロレスラーだ。
 
3月20日の試合後に宣言したとおり、早くもWRESTLE-1の年間最大のビッグマッチである9月2日の横浜文化体育館大会のリングにチャンピオンとして上がることになった芦野。当日は7月12日に後楽園ホールで行われる『WRESTLE-1 GRAND PRIX 2017』の覇者をチャレンジャーとして迎え撃つことになる。
 
芦野が変えるWRESTLE-1。いま、一度その目で2017年の芦野政権とWRESTLE-1を見ていただきたい。
 
いま、芦野祥太郎から目が離せない。
 
 
 
※1...WRESTLE-1公式サイト2017/05/12より
※2…週刊プロレスNo.1898より

未来の顧客満足度No.1プロレスラー、北村克哉

「お客さんはレスラーの体を見にきているんだぞ。チケット代の半分はオマエらの体だ。銭のとれる体になれ!」

(「棚橋弘至はなぜ新日本プロレスを変えることができたのか」飛鳥新社 p48より)
 
これは棚橋弘至新日本プロレスの新弟子の頃に故・山本小鉄さんから受けた教えだ。
 
 
プロレスは現実的要素(=実)と非現実的要素(≒虚)に分かれている。すべてが現実味のあるドロドロした戦いでは面白くない。かと言ってあまりにも非現実的なものを見せられても、観ている側は感情移入ができない。その2つが入り混じっているからプロレスは魅力的であると僕は思う。
 
このようにプロレスの細かな点の一つひとつが現実的要素と非現実的要素の2つに分かれていると考えると、ファンはプロレスラーの体に対しては非現実的要素を求めていると言える。お金を払って興行を観に行くのだから、体の線が細いプロレスラーよりは普段の生活では見ることがないような肉体美を誇ったプロレスラーのほうが見たい。当然だ。チケットを購入して会場へ行く観客からすれば、試合が面白いというのは大前提。「じゃあ試合内容の他には何を求めているの?」となると、会場の空気を味わうことやプロレスラーの写真を撮ることなども考えられるが、やはり現実離れしたプロレスラーの肉体美がその次にくるのかもしれない。
 
そう考えていくと、山本小鉄さんの「チケット代の半分はオマエらの体」という考えには非常に共感できる。
 
ここで僕は、会場へ来た観客が「今日のチケット代の半分はプロレスラーたちの体に払っている」から「今日のチケット代の10割はコイツの体に払っている」という考え方にさせるほどスゴいプロレスラーを紹介する。
 
その男の名は……
 
 
 
「北村克哉」。
 

f:id:kusarigama:20170524230352j:plain

 
僕は先月の新日本プロレス高岡テクノドーム大会を観戦したが、北村が登場した瞬間、会場にいる1,000人以上の観客の多くが「お〜」と声を漏らした。そう、その思わず漏れてしまった観客たちの声は新人離れした北村の肉体に対してだ。
 
その日の興行全体を通して、入場時に筋肉に対して声援(?)を浴びたプロレスラーは北村のみ。
オカダカズチカ、ロスインゴベルナブレス、タグチジャパンにはそれぞれ客席からの黄色い声援があったが、それは「人気」から生まれた声援だ。彼らは入場時に肉体を見せるどころか、Tシャツやガウンを着て体を隠して入場した。
 
北村はデビューから1ヶ月も経っておらず、かつ、年に一度だけプロレスを観に来る観客も多い地方の会場なのに、登場するだけで観客の声援(?)を浴びていたのだ。
 
正直僕は第ニ試合で北村の入場と中西学とのアルゼンチンバックブリーカーの共演を見られただけで、もう興行の満足度がMAXに至った。こうして北村はデビューしてわずかながらも、僕のような一部の北村マニアの満足度も100%にして帰らすのだ。
 

f:id:kusarigama:20170524204218j:plain

 
見た目の破壊力と同時に試合内容が伴ってくるようになれば、間違いなく「顧客満足度No.1プロレスラー北村克哉」になる。
 
黒潮イケメン二郎が「入場8割」と言われるように、今は「筋肉10割」でもいい。それで日本全国を一周して、その日その日に会場へ来た人たちに認知してもらえればそれでいい。
 
自分の筋肉をプレッシャーに感じずに、自分の筋肉に観客の目を集中させつつ、試合内容もその肉体美に追いつく素晴らしいものにするのだ!
 
ストロングマンにはなるな、北村克哉!
より化けるのだ、北村克哉!
 
 
 
 
 
 
 
今でも十分バケモノだけど……

いまのWRESTLE-1がすごく推せる

https://www.instagram.com/p/BR8HJ70hNB0/

3月20日はDDTを生観戦した後、後楽園ホールWRESTLE-1を興行の途中から生観戦した。

とにかく今のWRESTLE-1は本当に面白い。

昨年は続々と所属選手が退団していったが、皮肉にも大量離脱があったプロレス団体が魅力的だというのも確かだ。

そして選手の大量離脱を経験した今、河野真幸が1月8日に行われたWRESTLE-1後楽園ホール大会のWRESTLE-1チャンピオンシップvs征矢学戦後に「出て行ったヤツらが辞めなきゃ良かったと思う団体にしてやる」と言っていたように、WRESTLE-1に残った選手たちの熱い思いが試合やマイクアピールからすごく伝わってきて、すごく魅力的。

現在、WRESTLE-1ではキャリア組とNEW ERA(若手軍)の世代抗争が行われているが、キャリアのある選手たちも若い選手たちもWRESTLE-1を盛り上げて、もっと多くの客にWRESTLE-1を観てもらいたいという目指しているコンセプトは一緒で、それがダイレクトに選手たちの試合や言葉から観ている側に伝わってきて、すごく感情移入ができる。

またWRESTLE-1は2〜3年ほど前までは定期的に両国国技館でのビッグマッチを行っていたけど、今は横浜文化体育館が年に一度のビッグマッチで、選手たちも両国国技館で試合をすることが珍しいことでもなかったはずなのに、過去のことを引きずることもなく、横浜文化体育館大会を成功させたいという選手の愚直な思いも選手の戦っている姿と重なってすごく推せる。

3月20日、メインイベントのWRESTLE-1チャンピオンシップを制し、新王者となった芦野祥太郎は「俺がメインに立って、まずは横浜文体を成功させて、WRESTLE-1を両国、日本武道館、そして東京ドームへ連れて行きます」と言った。これは本当に実現してほしい。デビューから2年とは思えない試合内容や負けん気の強さ、プロレスラーの色気を兼ね備えた芦野なら連れて行ってくれるはず。

WRESTLE-1は小中高生は500円、興行開始から一時間後なら2,000円と気軽に生観戦ができる価格設定だから、一人でも多くの人が会場へ足を運んで、選手たちの思いを感じとってくれればいいなと切に願う。

芦野、期待してるぞ。

 

f:id:kusarigama:20170618004315j:plain

 

 

#WRESTLE1#w_1#レッスルワン#芦野祥太郎#プロレス#後楽園ホール#puroresu#prowrestling#KorakuenHall#NEWERA

 

 

北村克哉選手がたまらない

2016年1月3日、ディファ有明で開催された「大プロレス祭り」にて岡倫之と北村克哉の新日本プロレス入団が発表され、公開記者会見が行われた。

 
他団体の選手の移籍ではなく、デビュー前の新人の入団が発表されるのは近年の新日本プロレスでは異例である。新日本プロレスではデビュー前の新人は練習生として新日本プロレスの道場(寮)に住み込み、練習や雑務の経験を一定の期間(※)重ねて、プロレスラーとしてデビューする運びとなる。入門テストに合格しても、厳しい練習生の期間中に挫折して、夜逃げするケースが多いプロレス業界。新日本プロレスでプロレスラーデビューすることを夢見た練習生がいつ夢を諦めるかわからない。道場に住み込む前にファンに対して新人の実名と経歴を発表してファンを煽るなど異例なのだ。裏を返せば、それほどすごい新人なのだ。
(※一定の期間…個人によって差がある)
 
岡倫之は2013年に新日本プロレスの公開入門テストに合格し、全日本レスリング選手権大会フリースタイル120kg級優勝などのレスリングの実績を買われ、新日本プロレスの親会社であるブシロードレスリング部である「ブシロードクラブ」所属のレスラーとなった。“プロレスラー”ではなく、“レスラー”としてスタートしたものの、ゆくゆくは新日本プロレスに入門してプロレスラーデビューすることを宣言していた。
 
岡は新日本プロレスの公開入門テストに大好きなアニメのTシャツを着て参加するほどアニメが大好きで、近い将来新日本でデビューする“アニメオタク”としてプロレスラーデビュー前から新日本プロレスファンの間で認知されていた。また後楽園ホールなどの東京都内(または都内近辺)で新日本プロレスの興行があるときは会場のグッズ売店にてファンと交流していたこともあり、新日本プロレスファンに認知されていた。
 
そして近年新日本プロレスでデビューを果たしたプロレスラー、通称「ヤングライオン」たちに比べ、圧倒的なカラダの大きさを誇ることやレスリングのバックボーンがあることから、他のヤングライオンよりも会社やファンに“スーパールーキー”扱いされていた。
 
そんな岡の新日本プロレス入団の発表はファンにとって「いよいよ期待の新人がプロレスの門を叩くのか」といったところだったが、北村克哉の入団が発表されたときは頭に「?」が浮かんだプロレスファンも多かったことだろう。
 
その北村克哉という男は185cm、115kgの岡よりも筋骨隆々であり、“ヤングライオン”特有の初々しさのかけらもない色黒な肌をしていた。それもそのはず、北村克哉は2016年1月3日時点で既に30歳だったのだ。ちなみに岡は当時24歳。30歳でプロレスの門を叩くとは遅い。岡と北村の入団が発表された日にデビューを果たした川人拓来は当時18歳だ。これは遅い。いくら妻子を背負ってないとしても30歳で練習生として一から始めるのは極めて珍しい。ちょっとこの人おかしいかも。
 
しかも記者会見にスーツ姿で登場した岡に対して、北村はTシャツに迷彩のチノパンで登場。うん、やっぱりこの人おかしい。
 
更に北村はリング上でTシャツを脱ぎ捨て、自慢の肉体を披露。デビュー前の新人がリング上で肉体を自慢するとは。狂ってる。
 

f:id:kusarigama:20170314125003j:plain

 

しかしそんな北村克哉の経歴をアナウンスされて、驚いた。岡同様、全日本学生選手権フリースタイル120kg級優勝などのレスリングの実績があって、このカラダ。北村も新日本プロレスの“スーパールーキー”だった。

 

その2日後の新日本プロレス後楽園ホール大会のオープニングで挨拶をしたっきり、2人は厳しい練習期間へと入り、ファンの前に姿を表すことはなくなる。

 

2017年になり、岡は1月3日にディファ有明永田裕志を相手にデビューを果たした。会場で雑務をこなす北村の姿も見えるようになった。道場だけではなく、会場でも雑務をこなすようになれば、プロレスラーデビューも近いという意味だ。

 

今日から3日前の3月11日に僕は愛知県体育館で行われた新日本プロレスの興行を観戦してきた。開場時にはホウキでリング周辺を掃除する北村練習生の姿があった。その北村練習生の元にファン(?)がやって来て、差し入れのプロテインらしきものを渡していた。そしたら北村は会場に響き渡る声で「ありがとうございまーす!」と言いながら、お辞儀をしていた。やはり体育会系なだけあってお礼と声は人一倍大きい。そしてそのファンらしき人にツーショット撮影を頼まれた北村練習生は「本当はダメなんだけどなぁ〜…」といった顔をして、掃除をするフリをしながら、目線をカメラに向けていた。その時の「ダメなんだけどな」という顔がすごかった。差し入れを受け取ったら大声で感謝を表し、雑務をサボっていると勘違いされないか不安になれば露骨に顔に出す。その目は少年のような目だった。まさに“バカ正直”な男といったところ。

 

そして昨日3月13日、中西学のインフルエンザによる欠場を受け、北村克哉が急遽デビューを果たした。岡とタッグを組んで、タマ・トンガ&タンガ・ロアの元IWGPタッグ王者チームとの対戦。やはり扱いが違う。試合には敗けたものの、会場で北村デビュー戦を見守ったファンが撮った写真をSNSで見る限り、北村は相手チームよりもはるかに大きいし、はるかに黒い。さすがスーパールーキー、31歳でデビューを迎えても、遅れを感じさせない風格がある。

 

プロレスラーは変わった職業だ。家族や恋人との時間を犠牲にして、自分の体も犠牲にして、全国を渡り歩く。いつ選手生命が終わってもおかしくはないし、もっと言えばその日に死ぬかもしれない。こんな職業、他にない。

さっき北村のことを「狂ってる」と表現したが、極論を言えば、こんな職業をしている“プロレスラー”は全員狂ってる。北村は31歳でデビューをした。他のプロレスラーのデビュー年齢よりも明らかに遅い。狂ってる。

 

しかし遅咲きのデビューをしても、北村は誰にも文句を言わせないカラダを持っている。

正直、カラダ“だけ”はすごいプロレスラーは世界にたくさんいる。筋肉はすごいが、レスリングはイマイチなプロレスラー。しかし北村はレスリングでの実績も誇っていて、一年以上の練習生期間を経て、デビューを果たした。

遅めのデビューにも関わらず、スーパールーキー扱いをされてしばらく大変だろうけど、北村克哉、頑張れ。

北村克哉、バンザイ。